姫様、新年ご挨拶

undefined

 みなのもの、あけましておめでとう

 うちのアバター爺は、こんな感じになっている。ななめに折れて竹槍のようになった骨の尖端が肉に刺さり、皮膚を突き破る寸前まできている。あと少しずれると、即、開放骨折になる。

undefined

 当初はほとんどずれていなかった右鎖骨がこのようなことになっていたことが、きのう、救急外来を飛びこみ受診したことで判明した。

 もはや入院して手術するしかない。だが、正月休みが終わらないと対応機材がそろわないので、まだ日程が定まらない。へたに動いて、さらにずれたら、骨が飛びだして、ちょっとした惨劇状態になるのは明らかである。

 はたして、いつ入院できるのか? 皮膚は、それまで耐えてくれるのか? このスリリングな新年をみなでともに言祝ごう。2018年がよき年にならんことを。