講演本番。立ちごけ負傷でいろいろ困っていたけど、Uさんに助けていただき、車で行くことができた。大感謝である。会場である御徒町モンベルの前では、湯島天神の祭礼をやっていた。

undefined

 会場には、元ガールズケイリンの高松美代子選手にもきていただき、かなり緊張した。病気と怪我の話ばかりだったな。で、皇居周辺が警官と警察車両ですごいことになっていた。何ごとかと思っていたら、帰りに判明。国立劇場での御即位30年記念式典だった。通過と同時に道路封鎖がはじまり、ギリギリセーフで予定時間どおりに帰宅。疲れたけど、行ってよかった。

undefined

 2月21日。

 爺、ここ数日、ぜんぜんかまってくれないわね。

undefined

 打撲した足と腰が痛くて、動けないんですぅ。

 だから、なんなの

 ひい。

 2月22日。

 猫の日記念の姫様です。

undefined

 今後、2月22日は姫の日と名称変更します。

 それは、ありません

 ちっ。

 昨夜、着替えようとしてズボンに手をかけたときによろめき、ベルト部分にひっかかっていた右手が思いっきりひっぱられてしまった。肩関節が動く感覚ととも、激痛。呻いて肩を押さえて突っ伏し、そのまま、しばらくうなりつづけるレベルの痛み。吐き気がしてきた。

 痛みがつづく中、関節をチェック。脱臼はしていない。しかし、亜脱臼はありえる。その場合、靭帯損傷、腱板断裂の確率が高くなる。まずはアイシング。それからロキソニンテープを貼って三角巾で腕を吊った。できる対策はここまで。

 起きて、痛いけど腕の可動域を確認。そこそこ動く。でも、痛い。バスで駅前の整形外科に。ドクターもまず可動域チェック。それからレントゲン。靭帯損傷、腱板断裂の可能性は低い。肩関節捻挫であろうという診断になった。湿布薬を貼って、安静である。

undefined

 最悪の事態ではなかった。手術はひとまず回避。ただし、今後の経過によっては再検査もあるかなという感じ。「そこらじゅう痛いですよ」とぼやいたら、ドクター、苦笑していた。写真は診察待ちのときに撮影したもの。

 2月23日。

 あしたは自転車団体からの依頼による講演。今回は、いままでいちばんまともに準備した。股関節の痛みのほうは、かなりやわらいである。まだ歩行には杖が要るけど、一歩ごとに呻かなくなった。肩も、予想以上に回復。来週は整体に行きたいよ。骨盤とか、どう考えてもゆがんでしまっているから。

 そういえば、ネット接続がv6プラスになった。ホームゲートウェイを再起動しろというメールがきたので、やった。PPPランプが消灯したから成功しているんだろう。何が変わったのは、まったくわからない。