競輪の加藤慎平選手が引退され、その記者会見があったので石渡治さんと一緒に行ってきた。調布駅の花屋で花束をつくってもらったが、大きな紙バッグに入れてくれたので、電車の中をかかえていかずにすんだ。これは、すごくよかったなあ。

undefined

undefined

 12月9日。

 眠い、だるい、痛いの三重苦にあえいでいた1日。とりあえずあしたは右鎖骨の抜鉤日。これで楽になってくれるといいなあ。

 12月10日。

 朝、軽トラできた友人にローラー台を渡した。で、そのまま送ってもらって駅前へ。整形外科でバネ指の診察を終え、バスで帰宅。まだ水で濡らしちゃだめと言われた。うう、どぼんと湯船につかりたいのにい。

 午後は大学病院。こちらはいよいよ鎖骨の抜鉤である。いま現在、まだ肩関節の可動域に制限があり、痛みがでる。でも、これで昨年暮れの交通事故の治療はおしまいとなった。

undefined

 手術痕、10日間も絆創膏を貼りっぱなしにしていたため、かぶれがひどい。なので、軟膏をだしてもらった。成分は1g中にジフェンヒドラミンが10mg。濃厚なムヒだよ。あまりにもかゆいので、薬局のトイレに入ってすぐに塗った。真っ赤になっていて、一部ただれている。後遺症申請したいなあ。

 12月11日。

 散歩を兼ねて外出しようかなと思った時間帯もあったが、寒さに負けてヒッキー。いいんだ。あしたは朝8時20分から外出するんだから。